考え方のちからはおそろしいということ(資本主義とプロテスタンティズムにみる)

プロテスタンティズム

資本主義はもう終わった、
とか色々な議論がありますが。

終わった、という前に、
「思い出すべし」という項目があるように思われます。

それは、本来、
資本主義はプロテスタンティズムとセットであるべき
ということです。

これは僕がいまさら主張していることではありません。

ドイツの社会学者、マックス・ウエーバーが100年以上も前に、
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』という本で喝破
したことです。

ウエーバーは「セットであるべき」と言ったわけじゃあないんですが、
資本主義の発生原因をプロテスタンティズムに求めたんですね。

プロテスタンティズム以前、つまりカトリシズム下でのキリスト教では、
「神の物は神に、カエサルの物はカエサルに」(マルコ伝12章13~17節)
「金持ちが天国に入るのは、駱駝(らくだ)が針の穴を通るより難しい」(マタイ伝19章16-26節)
といったイエスの言葉を額面通りに受け取るしかなく。

これではどうしても、
「お金儲け=悪」
という図式になってしまうわけです。

ところが、プロテスタンティズム、
特にカルバン主義によって、

信仰・禁欲+労働

利潤は神の栄光を地上にもたらすもの

救いの確信

という流れが成立したわけです。

学問的論文を書きたいわけではないので、
かなり端折って書いていますけど。

「えーー?そんなの学問とか思想だけの問題でしょ?」

って思われる方もいらっしゃるかもしれません。

が、

現に、資本主義が発達しているのは、
プロテスタントの国(アメリカ、イギリス、ドイツなど)
と、あとは日本ですよね。

南欧がPIIGSとか呼ばれてEUのお荷物になっていますが、
これらはおしなべてカトリックの国です。

このように、思想のちからというのはおそろしく、
かつ、現実化してくるもの。

じゃあ、日本はどうなのよ?

ってことですが。

日本に資本主義が根付いたのは、プロテスタンティズム
と同様の思想がすでにあったからです。

明治期の銀行家、渋沢栄一も『論語と算盤』って本を書いています。

この場合、

  • 論語→プロテスタンティズム
  • 算盤→資本主義

に相当するわけですね。

渋沢栄一以前にさかのぼると、江戸期の二宮尊徳とか、
石田梅巌の石門心学を挙げてもいいでしょう。

ここは細かい宗教的・思想的教義の議論は避けておきますが、

要は、

”道徳or思想or宗教”と”経済繁栄”をリンクさせること

これがポイントなんだな、ということです。

もう一度、キリスト教に戻れば、

お金を儲ける=価値を顧客に提供する=隣人愛

という図式にならなきゃいけないんですが。

隣人愛が抜けちゃうと、

「偽装してもバレなきゃいいや、とにかく利益を出さなきゃ」

ってことで、例えば、フォルクスワーゲンの排ガス問題、

日本では、三菱自動車の燃費測定基準偽装問題

なんかが出てくるわけですよ。

それで、三菱自動車の現物株も持っていた僕が、
損することもあったわけですよ。ここにくるか。
(あ。全体では常勝ですよ、株でも)

そんなわけで、ここでも思想のちからの偉大さを
思い出したほうがいいですね。

プロテスタンティズム

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です