「副業元年」に、オススメの副業は?

副業解禁

「雇われる副業」と「雇われない副業」

今年平成30年(2018年)は「副業元年」と呼ばれています。

政府の”働き方改革”の一環で「原則、副業・兼業を認める方向で普及促進を図る」という方向へ進んでいるわけですが、実際にそういった動きは今後も加速されていくでしょうね。

結局のところ、副業元年というのは、裏を返せば「終身雇用の完全崩壊宣言」にも当たるのかな、とも思います。

まあ、格差社会というのが問題にもなっていますが、好むと好まざるとにかかわらず、「自分でなんとかせい」という風潮になっていくでしょうし、そういった流れである以上は、その流れのなかで上手く泳いでいくしかないわけです。

副業と言っても、いろいろありますが、大まかにいえば、

  • 雇われる副業
  • 雇われない副業(=自営業)

の2つに分けられるでしょう。

僕のように情報発信している以上、「当然、後者の「雇われない副業で行きましょう!」と言いたいのは山々ですが(笑)、まあこれはやはり、個人の資質をよく考えたほうが良いと思います、正直。

やはり、「与えられた仕事をこなすのに向いている」という人はおりますし、それが大多数なのかもしれません。

また、そうしたあり方が、自営業や起業家に劣っている、などとは僕は全然、思っていません。

ただ、「本業も雇われていて、副業も雇われるのは嫌だ」とか、「将来的には、副業を本業にしていきたい」と考えてらっしゃる方にとっては、後者のほう、すなわち、自営業・起業家への道ですね。

つまり、「雇われない副業」を選ぶことが、起業家への拡張性がある方向を選ぶ、ということになってきます。

「実店舗ビジネス」と「ネットビジネス」

それでは、「雇われない副業」を選ぶとして、ですね。これまた形態としては大まかに2つに分かれます。

つまり、

  • 実店舗ビジネスを選ぶ
  • ネットビジネスを選ぶ

の2つですね。

これも、「どちらが優れている」という問題ではなく、好みの問題ですし、また、どちらにも一長一短がありますので、一概に「絶対こっちがオススメ!」というのは言えないです。

ただ、高田個人としては、「企業資金がほとんど要らず、かつ、パソコンがあればどこでも仕事ができる」という長所をもったネットビジネスを選んだわけです。

これは裏を返せば、

  • 企業資金がほとんど要らない→リスク低
  • パソコンがあればどこでも仕事ができる→最悪、入院していても仕事を続けることができる

ということになりますね。

また、パソコンがあれば「どこでも」は、「いつでも」というふうに言い換えることもできます。

つまり、ネットビジネスは時間帯を選びませんので、たとえば、「子どもがまだ小さいので、寝かしつけた後に仕事したい」とか、そういう方には合っている働き方ではあると思います。

ネットビジネスの種類

ネットビジネスにも実にいろいろな種類があります。

代表的なものを列挙しますと、

  • アフィリエイト
  • 情報発信(セミナー、コンサル)
  • 転売系
  • 投資

などがあります(他にもいろいろあるかと思いますが)。

以下、それぞれについて、簡単にコメントしてみますね。

アフィリエイト

これはブログやメルマガなどを立ち上げて、そこから広告収入を得る働き方です。

ブログなどへ訪れると、「さっきまでAmazonでチェックしていた美容機器が表示されている…(*_*)」といった経験ありませんか?

なんか、追いかけられているみたいでいやだなーとか。笑

あれは、Google などがサイト訪問の履歴から、おすすめ商品がブログに自動掲載されているわけなんですね。

「サイトアフィリ」などとも言いますが、

ブログにそういう設定をしておいて、その後、訪問してくれた人が広告を見てクリックすると、「クリック課金」が自分のところへ振り込まれてくる、という寸法です。

まあ、アフィリエイトにも他にもいろいろなものがあります。

ただ、ブログ読者が多くないと、そもそもブログへ訪問者が少ないということになりますので、必然的に、広告収入も減る、ということになりますね。

これはつまり、ブログ訪問者を増やすための「記事の量」とか「SEOの知識」が必要になってくる、ということになります。
*SEO:おおまかに言えば、ブログを検索上位にあげるための施策です。

問題は、稼げるレベルになるまでに、ブログ記事を圧倒的に増やしていかなければいけませんので、そこに至るまではほぼ収入ゼロ、ということになります。

そこまでモチベーションが持つか?というのがひとつありますね。

ただ、モチベーションを保つ自信があるのであれば、

ブログが常に検索上位にある、という状態に行けば、ほぼ自動収入化することも可能です。

いわば、「ネット上に賃貸不動産を持っている」状態に持っていくことができるでしょう(やったことはありませんが)。

情報発信

こちらは、ブログやメルマガを更新して読者を増やし、読者にセミナーやコンサルティング、あるいは教材を買ってもらう、というビジネスモデルです。

なにか、売りになるスキルを持っている方は情報発信はオススメです。

ただ、やはり、「とにかくブログを更新していれば良い」というほど甘い世界ではなく、やはり、マーケティングの知識と実践。

それから、アフィリエイトとも一致しますが、ブログ訪問者(あるいは、メルマガ登録者)が一定数いないと、「そもそも見込み客もとれない」ということになります。

なので、なにかしら、情報発信系のスクールやコンサルを受けた方がいいだろうな、とは思いますけどね。

転売

転売は、「副業」と聞いて、けっこう多くの人がパッと思いつく稼ぎスタイルですね。

そういう意味で、ありふれてはいるのですが、逆に言えば、「流行り廃りなく続けることができる」というメリットがあります。

まあ、当サイト「仕組み貿易術」を運営している以上、僕もこの「転売」をおすすめしている一人です。

 無料動画でも解説していますが、オークション形式で売り切るなどすれば、ビジネスを始めてすぐに「売れる」という体験を得ることができますので、モチベーション維持には良いでしょう。

ちなみに、輸出ビジネスには「消費税の還元がある」とも解説していますが、

安倍さんが総裁選で3選しましたからね、「リーマンショック級の事態が起きない限りは、予定通り、消費税を10%まで引き上げる」と言っていますので。

消費者としては抵抗がありますが、輸出ビジネスをやっている立場からは、「仕入れ値と売値を同じにしても、10%は還ってくる」というのは、ありがたいことです。

投資

投資については、もちろん、ネットビジネスに限りませんけどね。

まあ、株式投資やFX、仮想通貨とか…そういうものは、ネット上で完結できてしまうでしょう。

投資は僕もオススメしていますし、実際に、高田流の株式投資を教えていたこともあります(というか、裏メニューでは今でも教えているのですが)。

ただ、問題点としては、

  • そもそも、一定以上の資金量がないと、副業としても機能しない

というのがあります。

投資系は、リスクプレミアムを考慮しても、まあ年利7%取れれば、万々歳というところでしょうけど、

資金100万円で7%では、年収7万円にしかなりません。

すると、月収換算でいくと、5800円くらいですか。これでは、ちょっとさみしいですよね。

なので、自己資金が豊富な人は、いきなり投資に行ってもいいですが、そうでない場合は、まずはもっと稼げる(あるいは、拡張性のある)ビジネスをやったほうがいいのかな?と思います。

つまり、「投資では7%で万々歳」と上述しましたが、転売で(在庫ビジネスの場合)7%では、「あれれ?」ってなりますよね?

まあ、最低でも15%は欲しいところですし、逆に言えば、株式投資などに比べて2倍以上の利率で「まあ、こんなもんかな」の世界ではあるわけです。
*もっとも、その分、リサーチ・出品などの手間はかかりますよ

そんなこんなで、珍しく「おまとめ記事」みたいになりましたが(笑)、参考にしてみてくださいね。

副業解禁

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください