“72の法則”でわかる「自己変革は1割増しで良い」理由

72の法則

「72の法則」とは!?

「72の法則」は、元金を複利で運用した場合、元金が2倍になるのに何年かかるか?という簡易計算です。

複利というのは、利息をポケットに入れてしまわないで、元金に組み入れて運用していく方式のことですね。

計算式は、

72÷年利=(倍になる)年数

という、じつに単純な計算です。

たとえば、

年利10%で運用した場合、

72÷10=7,2年で元金が2倍になるということです。

複利ってすごいですよね。

かの、アインシュタインも、「人類最大の発明は複利である」と言っているくらいです。

「72の法則」を自己変革で考えると…

この「72の法則」を自己変革に応用して考えると、けっこう気が楽になります。

人はとかく、「すぐに!自分を変えたい!」「なんであまり変わらないんだろう??」と焦りがちなんですけど、

上記の法則に当てはめて考えてみると、年に1割(利率で言うと、年利10%ですね)自分を変えていければ、

先と同じ計算ですね。

72÷10=7,2年

7年ちょっとで、自分を2倍変えることができる、ということになります。

2倍というと相当なものですから、「7年前の自分は何だったんだろう??」ってくらい状況も変わってきます。

そう言えば、僕が「お金に向き合おう」と決意したのも7年前でした。
無料Eブックで語っている「月収10万円時代」です。笑

勝海舟にも「人生7年周期説」というのがあるので、7年というのはひとつの節目なのかもしれませんね。

年に1割増しでいいのなら、毎月ちょっとずつ、自分のコンフォートゾーンを上げていくくらいでも、1年で充分1割増し(年利10%)の自分になりそうです。

もちろん、年に2割増しで自分を変えていこう!ということであれば、

72÷20=3.6年

3年半で2倍の自分になることができるわけですね。

こんな感じで、人生において焦りを感じたときは、「72の法則」をちょっと思い出してみると、「そんな感じでいいのかな」って希望の原理になります。