eBayアドバンストサーチで取りこぼしをなくす&ライバルに見つかりにくくする方法

こんにちは、高田です。

無在庫であれ有在庫であれ、Advanced Search (アドバンストサーチ)で落札履歴を検索することが多いかと思います。

(有在庫で専門商材を扱うようになった方は、やはりTERAPEAK(テラピーク)は使った方がいいと思いますが。)

で。アドバンストサーチの検索結果(安い順:商品価格+送料)をデフォルトでみると、下記のように「日本向け」の設定になっていると思います。

1

この設定のままだと、「日本向け販売可」にしている商品しか見れませんので、「日本向け販売不可」に設定して出品しているセラーの落札履歴をみることができません。

僕もそうですが、「日本向け販売不可」に設定しているセラーは意外に多いと思われるので、アドバンストサーチの設定を「日本向け」だけにしていると、けっこう取りこぼしがでますね。

そこで、下記のように、国名(Japan)をクリックして、United States に変えてみましょう。

2

ただ問題は……しばらくすると、すぐ”Japan”に戻ってしまうんですよ(苦笑)。

そこで、ちょい面倒ですが、任意の商品ページを開いて、そこのShipping and payments タブをクリックして、Change country でUnited States へ変えちゃいます。そして、ZIPコードの隣にある、Get Rates をクリックします。

3

これで、しばらくの間、米国向けの出品落札履歴をリサーチすることが可能になります。

で。

このことは、逆に言えば、自分の出品設定の発送除外国に日本を指定しておけば、ライバルからアドバンストサーチで見つかりにくくなる、という利点があるということです。

さきほどのアドバンストサーチの設定に気づいていない、もしくは外注さんにリサーチを依頼していて、その外注さんがこのカラクリを知らないとか。

あるいは、「面倒だから、いいや」ってリサーチをしているセラーに見つかりにくくなるってことですね。

商売で儲けるコツは、「ライバルより、ほんのちょっと面倒くさいことをやってみる」ってことです。

今回はその一例ですが、試してみてくださいね。

 

 

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です