ブラック企業から解放される方法

ブラック企業

ニュースなどで、「ブラック企業ランキング」とかたまにやっておりますが、

セブン-イレブンなど、消費者側から見ると超便利!な会社もランキングに入ったりしていますね。

そして、他人事ではなく、

自分の勤めている会社も、充分、ブラックだよ…

と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

これはどうしてこうなるかと言いますと、

まず、

需要不足の社会では、多かれ少なかれ、ブラック企業化するのは仕方がない、ということを知っておいたほうがいいです。

やはり、日本のように人口が減っていて、かつ、ある程度、生活を満たす機器(テレビ・冷蔵庫・洗濯機・スマホなど)が一通り揃っている成熟社会では、どうしても需要不足になります。

*戦争特需でもあれば別ですが。

需要不足になると、会社の利益は当然、少なくなりますので、黒字を確保するためには、経費削減に走りますね。

そして、経費の最たるものが人件費になりますので、ここでリストラが起きます。

運良く、リストラを逃れたとしても、残った人員で仕事を回していかなければいけないので、どうしても、一人あたりの仕事量が増えることになります。

ここで、雇われる側としては、「ブラックだよ…」という感想が生まれることになります。

でもこれは、あくまで、「雇われる側」の感想であって、

経営者からすると、残った人員で切り盛りできないと、そもそも会社自体が存続できなくなりますすので、やはり、踏切ざるを得ないところがあるんです。

これは一面、残酷だけど、真実です。

こういった流れを避けるためには、やはり、「雇われる側ではなく、雇う側になること」を目指すしかありません。

それも、出来うるならば、(個人的には)

スモールビジネスで、かつ、ビジネスオーナーになるのが最適だと思っています。

大企業化すると、責任が大きくなりすぎますし、時代の変化に対する舵取りも難しくなります。

その点、スモールビジネスであれば、参入/撤退など、自分の判断で身軽にできてきまいますね。

だからといって、「自分が動かなければ仕事が回らない」状態ですと、やはり、忙しい人生になってしまいます。

また、自営業で、「自分が動かなければ仕事が回らない」状態では、入院などしたときに、あっという間に収入が途絶えてしまいます。

他人に管理を任せられるオーナータイプのビジネスを構築できれば、こういったリスクも避けられるわけです。

ゆえに、

  1. スモールビジネスで身軽であること
  2. ビジネスオーナーであること
  3. せめて、ノマドワーカーであること(入院などしていてもPC1台あれば仕事ができること)

といった条件を考えて、僕はeBay輸出の仕組み化を構築していったわけです。

うちのコンサル生さんも、4ヶ月目あたりでほぼノマドワーカー化していますし、6ヶ月過ぎたあたりの人は、外注化/仕組み化に取り組み始めています。

多くの情報発信者が言うように、「簡単で、ラクで、すぐ稼げる」とは僕は言いません。

なぜかというと、それは真実ではないからです。

「簡単で、ラクで、すぐ稼げる」が成立するようなビジネスが仮にあったとしても、参入もラクなので、あっという間に飽和していまいます

ゆえに、

参入と資金リスクは低いけれども、自分が参入した後に、参入障壁を築きやすいビジネス、をお勧めしています。

ブラック企業

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です