eBay 2016年 秋のセラーアップデートまとめ記事

2016年秋のセラーアップデート

eBayが2016年秋のセラーアップデートを発表しました。以下に概略と感想をまとめてみますね。

1. UPCデータ入力の強化

今までは、UPCの蘭に”N/A”や”Does not apply”(要は「不明」ということ)と入力できたのですが、2017年2月からは、これらが使えなくなります。

その代わり、なんと、AmazonのASINコードが使えるようになるということです。

これは便利といえば、便利ですね。

ただ、Amazon→eBayへの自動出品ツールなどが開発されると、ライバルが増えるかもしれません。笑

2.Return Request(返品リクエスト)のオプションが増える

セラーがバイヤーに対して「返品」以外のオプションを提供できるようになるということです。オプションとは、代替品や部品の交換などですね。こちらは10月より適用になるとのことです。

3.Selling Manager、Selling Manager Proの利用停止→Seller Hubへ一元化

Seller Hubの詳細については、eBayジャパンのほうに記載があります。セラー・ハブ(US)

私はeBayを始めてからずっとSelling Manager (Pro) を使ってきましたので、寂しい気持ちがします。笑

4. セラーダッシュボードの改善

セラーとしてのパフォーマンスと改善点がひと目で分かるようになるとのことです。

今までは、Go to your dashboardをクリックして、さらに個別項目をクリック…と面倒でしたよね。

5. セラーパフォーマンスの猶予期間

Bellow standard へ落ちても、3ヶ月以内にAbove standardへ戻れば良し!となるとのこと。

これは朗報ですね。今までは、Bellow standard へ落ちると、容赦なく検索順位や出品数を落とされたりしていましたので。

以上、eBay 2016年秋のセラーアップデートをまとめてみました。

英語版はコチラから読めます。

参考記事:「eBay 春のセラーアップデート 2016年ーストア購読料・無料出品枠の比較