物販・転売系の塾、スクール、コンサルの活用の仕方

物販・転売系でもさまざまなスクールやコンサルがありますよね。

カテゴリ的にも、eBay輸出・Amazon輸出・eBay輸入・Amazon輸入・中国輸入
国内転売…etc.。これらの合わせ技もあります。

どれが稼げるか、ということでは、結論的にはどれも稼げます。

円安だから輸出とか円高だから輸入、ということではなく、
外部環境がどうであれ、継続的に稼いでいる人がいます。

コツとしては、以前に「一点集中」したほうが勝ちやすい、という記事を書いたことが
あります。

まあ、これも、合わせ技のほうが成功しやすい方もいらっしゃいますけども。

ただし、どのプラットフォームで勝負するにしても、柱となる教材とかスクール、コンサルを
決めた方がいいですね。

あれもこれも、と手を出すと混乱してきます。
特に初心者のうちは。

eBay輸出なら、eBay輸出のスクールはこれ!と決めたら、そこの教材を何度も読み返す。
そこの懇親会を中心に交流する、スカイプや相談もそこを中心にする、ということです。

なんか当り前のことを書いているようですが、これが意外にできている人が少ないんです。

たとえば、僕はいま、とあるスクール(期間半年)に入っています。

そこで驚いたのが、毎月のスカイプ相談を申し込んでいるのが、僕を含めていつも2−3名しか
いないんですよ(スカイプ相談の申し込みはそれ専用のオープンチャットになっています)。

そこの塾長は業界ではかなりの有名人なので、
少なくとも数十人単位の人が入塾しているはずなんですが。

あまりにスカイプ申し込みが少ないので、僕は「申し込みのフォーマットって別のところ
なんでしょうか?」と質問してしまったくらいです。

成功者と直に話せるというのに、また、30万円くらいのスクール代
(スカイプ料込み)を払っているのに、なんてもったいない。

これ、特殊な事例ではなく、どこのスクールに入っても似たようなものでした
(今回は特にそれを感じたのでびっくりしたのですが…)。

でも、やはり成果を出して行く方は、質問量も多いし、機会をできるだけ生かしていく
傾向があります

こういうことは、大學受験の時も感じたことです(遠い昔)。

やはり、成績が圧倒的にあがるタイプは、ある意味、「しつこい」んですよ。笑

英文法なら英文法のテキストを1冊に絞り込んで、
ぼろぼろになるまで、暗記するくらい読み返す。
先生への質問もくどいくらい多い。

そんな傾向ですね。

フィールドが違っていても、成功する人の行動パターンってあるんだなあ、
と思った次第です。

 

 

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です