自己啓発で劣化コピーを読むくらいなら、オリジナルに親しむほうがいい

インターネットの登場によって、誰もが低コストでビジネスができるようになり、
誰もが自分の意見を発表できるようになりました。

もちろん、僕もそのひとりです。

しかし、大量にあふれる起業や自己啓発の発信に埋もれてしまって、
自分の本来の考え・感覚がいかなるものであったか、
を忘れてしまう危険性もありますね。

なにより、「誰もがそれらしきことを発信できる」ということは、
逆に言えば、僕らが得ている情報は、ふるいにかけていかない限りは、
文字通り、「それらしき」レベルのものに過ぎないわけです。

たとえば、ちまたに溢れている成功理論のほとんどはアメリカ発のものです。

「思考は現実化する」とか、ここ最近では、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
はもとより、それを応用したプロダクトローンチもアメリカ発のものですね。

そうであるならば、貴重な有限の時間を使うのであれば、
劣化コピーを読むよりは、オリジナルに親しむほうが時間価値が高くなる

歴史的にも評価が定まっている(つまり、時間のながれに耐える
ことができたもの)原典にあたったほうがいいと思うわけです。

原典といっても、今は主要な書籍の多くは邦訳されていますので。

そういうわけで、まずはメルマガのなかで少しずつ良書を紹介して
いきたいと思います。

基本的には、ビジネス・自己啓発・資産形成に関するものになります。

一応は、2,000冊以上の書物を読破している僕が、「これは紹介に価する」
と、確信したものだけご紹介しますね。

メルマガの最下部に書籍のカバー写真とタイトル・著者名・出版社、
そして、僕の一言コメントをつけています。

さて。

とは言っても、そういった書籍ではなくても、
鋭い発信している方は数多くいらっしゃるのもまた事実。

似たようなことを言っていても、ある人が言うと
説得力があり、別の人が言うと、
「どっかで聞いた話だなあ」
となるのは、どうしてなんでしょうか。

結論的には、その知識がどれだけ知恵(智慧)に昇華されているか、
ということであると思うんですが。

じゃあ、智慧ってなんなの?ってことも考えておきましょう。

  1. 知識をそのまま受け売りで語っている段階
  2. 経験をくぐらせた知識(経験知)を語っている段階
  3. 経験知をさらに思考することによって深みがでる段階
  4. 思考された”知”が原理原則の鉱脈まで達している段階

といった感じかなあ、と思います。

これを別の表現に置き換えると、

  1. 劣化コピー
  2. リテラシー(運用できる知識=スキル)
    cf:ファイナンシャルリテラシーなら、
    金融知識を実際に運用できる
  3. 再現性のあるリテラシー
    cf:ファイナンシャルリテラシーなら、
    その金融知識を他人に教えて、再現性も持たせられる
  4. 智慧:原理原則に達してるので、たとえば、
    当該知識自体を考え直したり、イノベーション
    をかけることができる

イノベーションというのは、
他分野であっても、鉱脈をたどっていくと、
同じ原理原則であったりしますね。

それを、たとえば、A知とB知を掛け合わせて、
今までになかったC知を生む出せるタイプの方も
いらっしゃいます

評論などで、長期間(短期間じゃダメなんです)
第一線で活躍していらっしゃる方は、
この、イノベーションレベルまで達してらっしゃる方が
何人かいらっしゃるように思いますね。

そのレベルの方は、読んでいると、
「こんな見方がありえるんか!」とか、
『こっちに行くかー!」
みたいな、強烈な知的興奮をあたえてくれます。

ビジネス・自己啓発・資産形成以外の分野でも
僕なりの良書をお勧めできる分野がいくつありますので、
そういう時は、気軽に聞いてくださいねー。

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です