上流から仕入れて利益をたくさん取る、の原理

上流仕入れ

ネット物販をやっている人は、たいてい、「転売」で満足する傾向にあります。

ここで言う「転売」とは、ショップなどから仕入れて、ヤフオクなどのプラットフォームで一般顧客に販売することです。

もちろん、これだけもけっこう稼げますし、これだけで月収100万円以上行っている人もいるでしょう。

ただ、こういう「転売モデル」の問題点は、

  1. ライバルにリサーチされて真似されてしまう
  2. 利幅がとりにくい
  3. 仕組み化が比較的、むずかしい
  4. 仕組み化できても利幅が小さくなる

といったデメリットがあります。

ヤフオクでもAmazonでもeBayでもそうですが、なにかしらのリサーチツールがあります。

このリサーチツールのおかげで、過去の落札履歴/現在の競合を調べて、自分でも「価格差のとれる商品」を出品できるので、とてもありがたいことではあります。

でも、ということは、自分の出品も真似されてしまう、というリスクがありますね。

リスクというか、これはふつうに毎日ありえることです。

また、転売モデルでは、下記の①の状態になっていますので、利幅が少なくなる傾向があります。

ショップ自分般顧客…矢印2個分の利幅

ところが、問屋から仕入れると、自分自身が「ショップ」の立場にたてますので、その分、利幅が増えることになります。

また、一般顧客ではなく、ショップに直に販売してしまえば、さらに利幅が増えることになりますね。

ここで、プラットフォームを介さない直接取り引きであれば、プラットフォームの手数料も節約できますし、

かつ、プラットフォームを介さなければ、「ツールなどライバルにリサーチされない」状態へ持っていけますので、ますます勝ち組に入れることになります。

②メーカー→問屋(ショップ)自分(一般顧客)ショップ…矢印4個分の利幅!

さらに、仕組み化する段階では、

リサーチを重ねなければいけないので、その分、労力と時間のコストがかかることになります。

自分でやるとそうなりますが、外注化すると、労力と時間のコストが、外注費という「お金のコスト」へ転化していきます

また、リサーチの方法を教えなければいけませんので、教育に時間がかかる、というコストも見逃せませんね。

ただ、ここまででも、けっこう稼ぐことができますし、仕組み化も可能です。

しかししかし。

もし、リサーチに費やしている時間の一部を仕入先開拓、販売先開拓などに宛てて、1件でも取り引きが成立すれば、これはかなり大きいです。

開拓する苦労は一度キリかもしれませんが、その恩恵は継続性がありますしね。

また、上記でご説明したとおり、当然、利幅も大きくなります。

転売モデルのライバルが参入できなくなりますので、リサーチの手間・コストも省くことができるようになります。

そうしたコストを省くことができるということは、外注費も低く抑えられるということで、それはつまり、自分の手残り利益も増えるということになりますね。

こんな感じで、上流仕入れは「いいことずくめ」なんですけど、実践しているセラーがとても少ないんです。

少ない理由は簡単で、「面倒くさいこと」だからですね。

でも、やはり、「人よりも一歩、面倒くさいことをやってみる」というのが成功のコツであります。

その上、その「面倒くささ」は上に書いたように一度きりで、上流仕入れの取り引きが成立したあかつきには、その恩恵は継続的なものになりますからね。

「商売の基礎を学ぶ」ということで、転売モデルをマスターすることも、じつはとても大切なことなんですが、

今回の記事でご紹介したような「上流仕入れ」ですね、あとは、販売先もなるべく、ショップなどにまとめ販売ができないか?

こうしたことまず、思ってみる、心の片隅に留めてみる。

できたら、実行する、というのが差別化のために、とても大事なことになります。

上流仕入れ

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です