『大富豪の仕事術』- 紙に書くだけで夢をかなえる方法とは!?

今回はまた非常に胡散臭いタイトルにしました。笑

「紙に書くだけで夢をかなえる方法とは!?」

ということですが、、

これ、実はですね、逆説的に言うと、

紙に夢を書いていない人が多いので、ほとんどの人の夢は叶っていない

ということなんですよ。

おそらく、自己啓発本を何冊か読んだ方であれば、

「目標を紙に書きましょう!」的な文章は一度ならず、読んだことがあるはずです。

そして…、

あなたは、それを読んで、実際に紙に書きましたでしょうか??

おそらく、「まあ読み終わってから、時間が有れば書こうかな」

で終わっているひとがほとんどだと思います。

かくいう僕もそうでした。

そんな僕が、「ほんとに紙に書いた」のは、神田昌典さんの『非常識な成功法則』を読んだのがきっかけでした。

非常識な成功法則

この本で主張されていることは、ちょっと視点が違っていまして、

「やりたいことを書く」のではなく、

まず、「やりたくないことを書く」という提案になっているんです。

なぜというに、

「やりたいこと」を先に考えてしまうと、

「本音ではやりたいと思っていなくても、”世間的に格好いいと思われていること”」を書いてしまう危険性があるからです。

たとえば、成功者はよくBMWとかフェラーリに乗っているな、というイメージが刷り込まれていると、

そんなに車に興味がないにも関わらず、「フェラーリに乗りたい」などと書いてしまうわけです。

そして、それは「本音」ではないので、結局、フェラーリを購入するのに必要な月収を達成することが出来ない、というスパイラルに入ることになります。

ところが、

「やりたくないこと」というのは、生理的なものであるので、比較的、正直に書けるんですね。

そして、正直なところを書き出したら、その上で、ようやく、「本当にやりたいことは…??」と本音で書けるようになる、という寸法なんです。

あと、間違えやすいポイントとしては、先に、「月収◯○円稼ぎたい!」と金額を書いてしまうことです。

これは、夢と目標を取り違えているケースです。

お金自体は、イコール幸福、というわけではなく、お金を使って得られる効用が幸福なわけですよね?

なので、順序としては、

  1. 夢を書き出す
  2. 夢の達成に必要な年収(月収)、資産の額を書き出す
  3. それを達成するために、具体的に着手できることを大目標・中目標・小目標として書き出していく

という順序が正解なんです。

こうした、夢と大目標・中目標・小目標について、僕が一番影響を受けたのが、

大富豪の仕事術』(マイケル・マスターソン著/ダイレクト出版)です。

大富豪の仕事術

ダイレクト出版の本は、「買ったは良いけどなかなか読み通せない」本が個人的な多くて、積ん読だらけになっているんですが(笑)、

この、『大富豪の仕事術』は本当に読みやすいですし、的確にポイントを突いてきます。

そして、上記の、夢とか目標の違いについて、分かりやすく整理されています。

*マイケル・マスターソンの分類では、夢ではなく”ゴール”という設定の仕方をしています。

また、世界的なベストセラーである『7つの習慣』を踏まえて書かれているところもあり、そういう意味で、『7つの習慣』を実地でマスターするためにも、オススメの書籍です。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

そして!

紙に書いてくださいね。笑