eBay、Amazonだけでなく、普段の生活で経営のヒントを見つける

経営のヒント

当ブログを読んでくださっているあなたは、多かれ少なかれ、個人事業に興味があるか、やっていらっしゃるか、あるいは事業の立ち上げに興味があるのではないかと思います。

その際、日々の生活の中でも、経営に関するヒントは沢山みつかりますし、またそういったことを発見し、自らに取り入れていくことが”経営者マインド”を育てていくための良い練習になります。

散歩しているときは、

ながーく商店が続いているところを観察してみると、自社ビルのところが多かったりします(僕は生まれてからこのかた、ずーっと川崎在住なので、余計に実感しますね)。

そうすると、「やっぱり自社ビル=不動産っていうのは強いんだなあ」と再確認できたりします。

美容室に行ったら、

店長さん(だいたい僕が指名するのは店長さんなのですが・笑)と雑談だけではなく、経営のちょっとした話もします。

「テナント代はいくらなんですか?」とか「経費は何%くらいか」とか聞いてしまいます。

・・・いやな客かも(笑)。

でも、正直、美容室の店員さんも雑談にうんざりしている面もあるので、けっこう喜んで答えてくれるんですよ。

あとは、メニューをみると、平均単価はこのくらいかなーって何となくわかりますよね。

また、施術の時間を考えると、1日に相手できる客数の上限も何となく分かりますね。

それで、
(平均客単価✕1日の客数)✕稼働日数
を頭のなかでざっと計算して、そこから家賃と経費を引くと、このくらいの営業利益かな?と予想をつけます。

こういった計算は、ざっとしたものであっても、当たりをつける練習で、自分の経営感覚を磨く練習になりますね。

お好み焼き屋に行ったら、

粉物は原価率が低いので有利、と聞きますが、お客に調理させることによって、さらに人件費の節約になるんだなーとか。

女性ファッション誌では「読モ」がずいぶん増えていますが、

こういうのも、読者視点ではなく、経営視点で考えてみる。

そうすると、今は素人感覚が受けていることにプラスして、本業のモデルさんを使うより、経費の節減にもなっているんだな、とか考えるわけですね。

そんな感じで、日々の生活の中でも経営感覚を磨く機会はいっぱいあります

ゲーム感覚もあって面白いですし、試してみてください(^^)

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です