「持てる者はさらに与えられ、持たざる者はさらに奪われるであろう」ー成功者がますます成功していく理由

持てるものはさらに与えられ

聖書に「持てる者はさらに与えられ、持たざる者はさらに奪われるであろう」(マタイ伝)という言葉があります。

これ、文字通り解釈すると、「成功者がますます成功していく」ということで、だいぶ神様は不公平なんじゃないかって思いますよね。

「持たざる者に配って欲しい!」って。

でもね、現実をみると、やはり聖書の言葉通りになっているんです。つまり、これ、法則んですよ。

マインド面から、「成功者はますます成功マインドが増えていくので、ますます成功しやすくなる」ということも可能です。

それも間違いじゃないですね。

実は、もうひとつ別の理由があります。

よく、「会社を7社経営している」なんて人がいるじゃないですか。

まあ手がけている事業・投資の数で言うと、僕もそういう人間の一人なんですが。

これを言うと、たいてい、「えーすごく忙しいんでしょうねー」って反応が還ってきます。

ここで成功者は黙って、その先を言わないという傾向があります。

今回は、その秘密、つまり、「成功者がますます成功していく理由」をを明かすとですね……、

やっぱり僕がよく言っている「仕組み化」にキィポイントがあるんですよ。

そして、仕組みの上になりたつ、ビジネスオーナー化ということです。

つまり、仕組みに働いてもらうので、実際の労働時間はほぼほぼゼロに近いんですね。

まあ、仮に1日30分としましょうか、労働時間を。

ふつうは1日8時間働くところを、仕組み化して1日30分になる、というのはどういうことか。

それは、簡単、引き算ですね。

7時間30分の時間がまだ手に残っているということなんです。

つまり、8時間の労働時間を、仕組み化することによって、ぎゅっとZIPファイルみたいに30分に圧縮しちゃうんです

そして、残った7時間半でまた新たなビジネスを立ち上げ、そしてまた仕組み化してZIPファイル化をする、と。

この繰り返しなんです、要は

このフローを繰り返すことによって、「経済の自由、時間の自由」が両立できるというわけです。

今回は、かなり大事な話しをしましたよー。成功者ってなかなかココのところ、教えてくれませんのでね。笑

参考にしてみてくださいね。