パレートの法則(8割:2割の法則)を使って、時間を無限に生み出す

パレートの法則

以前、「物販で現代の貴族になる方法」という記事でも書きましたが、

仕組み化が完成してスモールビジネスオーナーになると、相当、時間に余裕ができます。

僕は、クラシック音楽では、マーラーの交響曲が好きなんですが、

マーラーの交響曲って一曲聴くのに、1時間半はかかるわけですよ。

さらに、

「レナード・バーンスタインとクラウディオ・アバドではどう解釈が違うのか?」「カラヤンが第5を振っているけど、どう解釈しているのか?」

なんて試していると、1時間半×指揮者3人=4時間半も聞きっぱなし…ということになりまして、

でも、ほとんど毎日、そういう生活パターンで生きることが可能です。

これはやはり、忙しい働き方では、こういう生活はできない、というのはお分かりかと思います。

よく、「仕組み化をして、労働時間をZIPファイル化するんだ」などという言い方もしていますが、

じゃあ、そのコツはいかに?ということを、今日は別の角度からお話してみます。

パレートの法則」はご存知の方も多いのではないかと思います。

一般に、「8割2割の法則」とも呼ばれていますね。

これは平たく言えば、

「重要な2割を押さえておけば、全体の8割の仕事をやったのと同じ」

という法則です。

物販で言えば、初心者にとっては、

  • 重要な2割=いかに売れ筋商品を見つけるか、というリサーチ

ということになりますね。

あとの出品作業とか、発送作業は単純作業ですし、自分がやっても他の人がやっても大差はありません。

また、そもそもリサーチの質が良くないと、出品しても売れないですし、ということは発送もない…ということになりますので、

やはり、「リサーチの質を確保するのが重要な2割」ということになりますね。

したがって、順序としてはまず、重要でない8割に入る発送作業とか出品作業を他の人にやっていただく、ということになります。

ここで、

「発送ひとつとっても、自分がやったほうが質が高い」

というのは事実でしょうし、その考えから、「結局、全部やってしまう」というパターンに入るひと多いんです。

ただですね、

自分で全部やって、「1時間あたり100の仕事が出来る」と仮定してみましょう。

ところが、「単運作業を人に任せると80の仕事にしかならない」としましょう。

この「20の差が気になってしょうがない」というタイプの方もいらっしゃるわけです。

ところが、

3人の人に単純作業をお願いすれば。

80×3=240の仕事量になりますよね?

自分一人でやったときよりも、2.4倍の仕事量になるわけです。

したがって、「20落ちるのは織り込み済みで、それよりかは、自分は重要な2割に集中しよう」と思って実践した方がいいわけです。

*仮に、80どころか60の仕事量だとしても、60×3人=180になりますよね。

そして、

重要な2割だけに集中していけば、

1時間×2割=12分で済んでしまうわけです。

この12分で、全体の8割を押さえたのとおなじになるわけです。

ということは…、

さらに、他の仕事の重要な2割を押さえていけば、

12分で80の仕事ですので、

60分で、80×5=400の仕事量をこなしていることになりますよね。

ここ、とても大事な考え方ですよ。

もう一度、整理してみますね、

  • Aという仕事の重要な2割=12分→Aの仕事の8割を押さえたのと同じ(仕事量80)
  • Bという仕事の重要な2割=12分→Bの仕事の8割を押さえたのと同じ(仕事量80)
  • Cという仕事の重要な2割=12分→Cの仕事の8割を押さえたのと同じ(仕事量80)
  • Dという仕事の重要な2割=12分→Dの仕事の8割を押さえたのと同じ(仕事量80)
  • Eという仕事の重要な2割=12分→Eの仕事の8割を押さえたのと同じ(仕事量80)

総計60分で、仕事量は80×5=400、ですよね。

さらにさらに!

「Aという仕事の重要な2割」をさらに分解してみると、やはりそのなかでも、8割2割の法則が働いていまして、

「Aという仕事の重要な2割」のなかのさらに重要な2割だけを自分がやって、他の8割はマネジャーさんに任せればいい

という考えになります。

そうすると、自分が使う時間は、

12分(720秒)×2割=2.4分(144秒)

ということになります。

そうすると、A〜Eの5種類の仕事をやっていても

2.4分(144秒)×5=12分

で終わってしまうことになります。

…原理的にはお分かりになりましたでしょうか?

これが、「1日7分の労働時間でも月収100万円は可能」ということの内実なんです。

僕なんかよりも、もっともっとレベルの高い人はいくらいでもいらっしゃいます。

でも、

世の中で、「一人で20社を経営しているけど、自由時間はたっぷりある」とか。

そういう人は、意識的か無意識的かは別として、上記のパレートの法則を使っているはずです。

けっこう、今回は本質に迫ったお話ですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パレートの法則

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください