PayPal Merchant Rate (ペイパル マーチャントレート)を申請して手数料を下げよう!

こんにちは、高田です。

今日は、PayPal (ペイパル)の手数料を引き下げる方法についてお知らせしますね。

PayPalの手数料は、標準では、3.6%+40円、と設定されております。

ところが、前月の売上(月初〜月末)が30万円を超えていた場合は、「マーチャントレート」というのを申請することにより、下図の通り、若干手数料を下げることができます。

merchant.rate

詳しい説明(上記表含む)および申請ページはコチラです。

o.2%程度の下げ率ですが、これも積み重なってくると大きいですよね。

ネットビジネスをやっていると、色々なサービスやツールを使うことが多いです。

時間が経っていくと、すでに使っていないサービスに月額料金を払っていたり、あるいはアップデートした無料サービスがあるのに使っていなかったり…と、結構モッタイナイを積み重ねている可能性がありますので、定期的にチェックしておきましょう。

 

 

 

 

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です