Repackaging ServiceーAmazon FBA販売の返品を再パッケージ・再販してもらう方法

AmazonのFBA販売でバイヤーから返品があった場合、BOXにダメージがあったり、開梱済みの商品は、通常はUnfulfillable(販売不可)となってしまいます。

選択肢としては、返送してもらうか、破棄してもらうか、のいずれかしかありません。

が。

あまり知られていないようですが、返品された商品をAmazonが再梱包の上、再販してくれるサービスがあります。

これが、Repackaging Service(リパッケージング・サービス)です。

設定の方法は、

Seller Central 右上のSettings →Fulfillment by Amazon→Repackaging Settings のEditをクリック

そして、Repackage Unsellable Customer ReturnsのEnable にチェックを入れて、Updateをクリックします。

*ただし、このページに一覧があるのですが、決まったカテゴリしかこの設定はできません。
転載すると、下記のカテゴリとなります。
Apparel,Fashion,Camera,Office Products,Pet Products,Automotive,Industrial and Scientific Supply,Sports Goods and Accessories,Home and Household Products,Wireless Electronics,Musical Instruments,Kitchen,Shoes,Lawn and Garden,Home Improvement

いいことづくめのようなサービスですが、僕の経験上、注意点があります。

それは、使用済み商品が返品された時も自動的に再パッケージされて再販されてしまうケースがある、ということです。

そして、再販品を購入したバイヤーが「使用済み・中古品を売りつけられた」とネガティブフィードバックをつけてくる。あるいは、黙って再び返品されて、またまた再々パッケージされて再々販……と永遠のループにハマってしまうケースがあるという、困った話

使用済みでも返品…日本人の発想ではなかなかありえないですが、アメリカではごく普通の感覚です。消費文化の違いとしか言いようがありませんね。

使用済みかどうかまでFBAで点検してくれるようになれば良いんですけどね。

そういうわけで、上記困ったケースが考えられるカテゴリの場合は、導入を再検討したほうがいいですね。

 

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です