”Require Immediate payment through PayPal”はチェックを入れたほうが良いのか?

Require immediate payment through PayPal when a buyer uses Buy It Now

Require Immediate payment through PayPalとは

この設定をしておくと、バイヤーはPayPalで支払いを済ませないと、落札できないということになります。

そういう意味では、Unpaid case(未払いの事態)を無くすには良い方法と言えますね。

Require Immediate payment through PayPalの設定方法

出品の画面を下にスクロールすると、Select how you’ll be paidのところに、Require immediate payment when buyer uses Buy It Nowというチェック欄があります。

elect how you'll be paidのところに、Require immediate payment when buyer uses Buy It Now

 

 

 

 

ココにチェックを入れておけば、もう設定は済みます!

*もし、上記が表示されていないようであれば、Add or remove optionsをクリックします。
そうすると、別ウインドウが立ち上がりますので、下図の通り、Paymentタブをクリック後、”Require immediate payment through PayPal when a buyer uses Buy It Now”にチェックを入れて、Saveして下さい。

2

 

 

 

 

 

 

 

バイヤーさんは、支払いを済ませないと落札ができないので、未払いを防ぐという意味では確かに有効ですね。

ただ、ちょっとした落とし穴があります

”まとめ買い”に対応しづらいというデミリットをどう考えるか

デメリット

支払わなければ落札できないということは、バイヤーさんの立場からすれば、複数の商品を先にまとめて落札しておいて、あとから「複数落札したのだから、合計の送料を安くしてよ」と交渉することができなくなる、というデメリットがあるということです。

そうすると、そもそも、落札が減ってしまうというリスクがでてくるということですね。

対処法

結局コレは、

  • まとめ買いされやすい商品の場合は、設定をしないほうがいいということになります。
  • 逆に、一点ものの高額商品などでは、設定をしておくのがベターでしょうね。

そんなわけで、どういった商品を出品するのか、そのケースバイケースで使い分けるのがベスト、ということになりますね。

Require immediate payment through PayPal when a buyer uses Buy It Now

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です