eBayやAmazonでリサーチ地獄に陥る原因と解決法

リサーチ地獄

いつまでリサーチを続けるんですか?

eBayであれAmazonであれ、プラットフォームビジネスをやっている方は、リサーチ上手の方が沢山いらっしゃいます。また、「いかにリサーチ能力を上げていくか」あるいは「リサーチに有利なツールは?」というところにフォーカスしていらっしゃるようです。

また、物販系のコンサルタントの方のブログやメルマガを読んでも、「儲かる商品リストを教えます!」「究極のリサーチ術!」あるいは「これで月収◯◯円達成!」といった内容がほとんどですね。

ところが、僕は、そういう記事をただの一度もアップしていないのにお気づきでしょうか。笑

その理由はですね、僕から見ると、「いつまでリサーチを続ける気ですか?」と思ってしまうんですよ。

リサーチして儲かる商品を見つけるって、たしかに面白いですよ、しばらくはね。僕もずいぶん興奮してリサーチしていた時期がありました。

でもあるとき、「これ、一生リサーチする人生になるの?」って疑問が湧き上がってきたんです。

いわゆる、「リサーチ地獄」の存在に気づいた瞬間です。笑

結局、なんでリサーチが必要かというと、仕入先が(輸出であれば)日本のAmazonとか楽天とか、ショップとかになっているからんです。

つまり、ライバルと仕入先が一緒なんですよ

なので、一瞬のスキをついて出品するとか、特価セールのときに買い込むとか、そういう作業が必要になってくるんです。あるいは、まだライバルが気づいていない商品を見つけるという努力ですね。

そういったことを効率化するために、各種ツールも出回っています。

でもね、それって根本から考え直してはどうですか?というのが、僕の立場です。

仕入れでアドバンテージを作る

つまり、仕入れが一緒だからそういう状態になってしまうんですね

ところが、仕入れで圧倒的なアドバンテージを”永続的に”作ったとしたらどうでしょう?

もうこの時点で、仕入れ値自体がライバルより安くなりますから、そもそもリサーチ自体が要らないか、ほとんどやる必要もなくなるんですよ。

それでは、仕入れで圧倒的なアドバンテージを作るにはどうすればいいか。

「仕組み化」と並んで、僕がコンサル生に教えているのはこういう内容なんです。

仕入れでアドバンテージを作り、かつ作業のながれを仕組み化できれば、永続的なビジネスモデルを作ることができます。

僕はもうこの業界に5年いますので、一時的に、「月収100万円達成!」となって、スクールの講師までやっていた人が、途中からぜんぜん稼げなくなってしまった…というパターンを沢山見てきてるんです

ゆえに、「月収◯◯円」という記事もアップしていないわけです。だって、それって安定的な月収なのか、稼いだ金額を一ヶ月だけ取り上げてもわからないことですからね、

それよりも、このブログを読んでくださっているあなたには、生涯の仕事にできるような、永続的なビジネスモデルを作っていただきたい、そのために有益な情報をご提供できれば、という思いで発信してるんです。

「仕入れのアドバンテージ」「仕組み化」「永続的なビジネスモデル」を作るにはどうしたらいいのか?

そういう視点で、ぜひ一度考えてみてくださいね。