サラリーマン(OL)はお金を稼ぐの有利、という見方もあるよ

ネットビジネスでは概して、
サラリーマンを低くみる傾向がありますよね。

たとえば、「これからの年金の不安、雇用環境の悪化
なんかを考えると、自分で稼ぐちからが大事!」
というふうな発信がメインになっています。

これはこれで真実だと思うし、僕もそういうことを
言うことが多いです。

でも真実は意外に多面的なものなので、角度を変えてみると
そうでもないよ、ってことも言えるわけですね。

現代人は、マーケティングに取り囲まれている
と、僕はよく言ってるんですが、マーケティングの罠を見破るちからとしても
物事を多面的に立体的に見ておくことは大事だと思うわけです。

さて、それではなにゆえに、サラリーマンのほうが有利、
という見方ができるのか。

当たり前ですが、サラリーマンは定期収入があります。

これはね、物販でいえば、
「ほぼ必ず売れることが保証されている有在庫販売」
と一緒なんです。

たとえば、月収30万円だとします。

ネット物販・転売でいう月収30万円というのは、
売上ー売上原価(仕入れ価格のうち売上に貢献したもの)=利益

そして、
利益ー送料・手数料など=月収
と言っていることがほとんどです。

でも、これは本当の意味での月収ではないことは、
お分かりだと思います。

しかも、

さきの計算式では、「売れ残っている在庫がある。
その支払いだけは確定している」という重大な事実が
反映されていません。

ここのところは、損益計算書(P/L)ではなくて、
キャッシュフロー計算書(C/F)の問題だからなんですね。

ところが、繰り返しますが、
サラリーマンの月収は純粋な月収です。

これは、サラリーマンという(例え=置き換え方が失礼ですが)「在庫」
が毎月、確実に売れている、とも考えらるわけです。

僕ら社会人は、生涯賃金というものを生む金融資産である
という考え方を以前にご紹介したこともありました。

この観点でいうと、サラリーマンとは比較的安定した金融資産である
ということが言えますね

ほか、不動産投資に乗り出す場合、「勤続3年以上の正社員」は
起業家よりよほど銀行融資において有利、という観点もあります。

もちろん、「これからの時代のサラリーマンは安定していないよ!」
という論点もあります(これが情報発信者の常套文句ですが)。

でも、それを言ったら、「起業家の9割は5年以内に廃業する。
残りの1割も10年以内に9割は廃業する、という事実をなんとする?」
という視点をつきつけられるかも?です。笑

そういうわけで、
「サラリーマンをやりながら、副業としてネットビジネスを選択する』
というのは、かなり賢明でカタい選択であるわけですね。

あるいは、「共働き」というのもかなり大きいです。
金融資産(在庫)が1家に2つある、ということですから。

……ということを、つらつら考えてみました。

でもね、僕個人としてはやはり、「これからの時代、
個人でお金を稼ぐスキルはあったほうがよい」という立場ですよ。

ただ、ネットとかメルマガ、情報発信者の文面に慣れすぎると、
それはそれで、固定化した考えになってしまいます。

こういっちゃ何ですが、ネットにあふれている成功論って、
誰かが書いた本の焼き増しのコピーの、さらに劣化コピーで
あることも多いですからね(僕のことか・笑)。

たまに、「自分は、ある特定のコミュニティ内特有の
考え方に陥っていないか、偏っていないか」ってチェック
するのも大事ですね。

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です