成功するためには成功するための時間が必要

成功するための時間

なぜ、忙しいのに報われること少ない人生になるのか

「時間管理」ということで、僕がいちばん心がけていること。

それは、『7つの習慣』(スティーブ・コヴィー著)の第三の習慣である、「重要事項を優先する」です。

すなわち、下図の表(時間管理のマトリックス)の、第2領域=「緊急ではないが重要なこと」に時間を使っていくということです。

ふり返ってみると分かりますが、ほとんどの人は、第1領域の「緊急で重要なこと」か、第3領域の「重要ではないが緊急なこと」に時間を使っていると思います。

たとえば、

・緊急で重要なこと

仕事の電話に出る、クレームに対応する、会議に出席する…

・重要ではないが緊急なこと

たいした用事ではない電話やメール・LINEへの対応、宅急便の応対にいますぐ出る、付き合いだけの飲み会への出席…

などが挙げられます。

そして、この第1領域と第3領域で疲れ切ってしまい、たまの休日は、第4領域的な時間の使い方をしてしまうわけです。

緊急でもなければ重要でもないこと、ですね。

つまり、浪費の時間です。

そうすると、当サイトの言い方をすれば、「忙しいのに報われない人生」になりがちです。

それでは、「時間があり余っているのに豊かな人生」に切り替えていくためにはどうしたらいいか?

時間があり余っているのに、豊かな人生になるためには

これはもう、『7つの習慣』のセオリー通りに、一日の一定の時間を、第2領域に割り当てる習慣を身につけるほかはありません

つまり、「緊急ではないが、重要なこと」ですね。

たとえば、

  • 目標に関する読書を1日30分は続ける
  • 作業を他人に割りふるためのマニュアルを作る
  • 生活サイクルもある程度、マニュアル化する(→いちいち都度、判断しなくて済むようにする)
  • 夢や目標についてのイメージングの時間をとる
  • 一日や一週間の振り返りをしてみる

などが挙げられます。

どれをとっても、今すぐ必要ではない(つまり、緊急ではない)ことばかりですね。

でも、やれば確実に人生の質を上げられる項目です。

あるいは、やることによって、左側領域の時間を削減する効果がある作業に時間をあてる、ということになります。

じつは、この第2領域は、あなたのミッションに密接に関わっています。

あるいは、ミッションを遂行するために、あらかじめ、余計な時間をとらないようにする、ということにも役立ちます。

<今すぐ>効果がでるものではありませんが、やればやっただけ、じわじわと効いてくるんですね。

格闘技でいえば、”ローキック”みたいなものです。笑

これ、ほとんどのひとが続けられないんですよね…。

でも、逆に言えば、1日30分でも習慣化できれば、それだけ、その分だけ、成功者になっていくことができるということでもあります。

『7つの習慣』は、スピリチュアルな観点をとりあえず除いた成功論としては、(高田的には)決定版だと思います。

ぜひ、一読の上、実践をお勧めします。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復
スティーブン・R・コヴィー (著), フランクリン・コヴィー・ジャパン (翻訳)

第二領域

成功するための時間

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です