Sell a similar item と RelistとGood ‘Til Cancelled(GTC)を効果的に使い分ける

eBayで出品が終了して、再出品しようとします。

その時、
Sell a similar item と Relistのどちらを選んだらいいのか、
迷いませんか?

結論から言うと、

商品が売れた場合=Relist

  商品が売れなかった場合=Sell a similar item

と覚えておきましょう。

理由は、

売れた商品というはeBayにとってもありがたいので、
再出品=Relistすると、より検索上位に表示されるようになるからです。

逆に、

売れなかった商品は、Sell a similar itemで、
あくまで「新規出品」として出したほうがいいですね。

売れなかったのに、また再出品(Relist)かよ…、
とeBayに判断されるのが、検索上、不利に働くことになります。

まあただ、このアルゴリズムも絶対というわけではないようです。
eBayはけっこう謎が多いというか、気まぐれも多いんですよね。笑

それから。

これに関連したトピックとして、最初から出品期間(=Duration)を
10日とか30日ではなく、Good ‘Til Cancelled(GTC)に設定する手もあります。

Good ‘Til Cancelled(GTC)とは、「売れるまでeBay側が自動で再出品を続けてあげますよー」
ってサービスです。

設定方法は、eBay出品時の画面内に、Duration(出品期間)を選ぶプルダウンがありますよね。
そこから、Good ‘Til Cancelledを選べば良いだけです。

でも、サービスって書きましたが、タダじゃないですよ。笑
再出品されるたびに、通常の出品手数料は取られます。

「そんな便利な機能があったなんて!!」

と喜びたいところですが、
世の中、そんなに甘くありません。笑

というのも、自動で再出品され続けるということは、
「売れていないのに、延々とRelistされ続ける」
ということを意味しているからです。

お分かりですよね。

自動で再出品されるたびに、自動で出品手数料がとられて、
かつ検索順位も下がり続けるという…。

あと、もうひとつ問題は、GTCで無在庫品を大量出品していると、
「とっくに在庫が切れているのに出品され続けている」
なーんてことも起こり得ます。

そういうときに限って、落札があったりする、あるあるパターン。笑

ただ、まあ、逆に言えば、

  • 自動再出品の省力化の面を重視している
  • 仕入先の在庫管理ををツールなどで監視する

ということであれば、GTCも使い出のある出品方法であるとも言えますね。

あなたの販売スタイルに合わせて選んでみましょう。

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です