セブンイレブンの”N”が小文字だってことに気づいていますか?

セブンイレブンの”N”は小文字

百聞は一見にしかずで、こうです!

セブンイレブン

どうでしょう…?

気づいていましたか??

まあ、これに気づいているからってどうなのよ?って、その通りなんですが^^;

要は、観察力ですね。

観察力以前に、「観察してみよう」というマインド

それも、事業をやるのであれば、「実際に事業をやっている人・お店がどういう売り方をしているのか?」を、顧客目線でなく、経営者目線でチェックしてみるというのは、非常に有効です。

もちろん、”N”が小文字で、いったいどういう訴求効果があるのか、僕には分かりません(ご存知でしたら、教えてください・笑)。

セブンイレブンを需要の縮図として観察する

セブンイレブンはとってもマーケティングが上手なので、眺めているだけでもけっこう勉強になるんですよ。

そして、いろいろ眺めている結果、”N”は小文字なんだなーって気づくというわけです。

新規商品の開発力も素晴らしいです。

たとえば、100円の美味しいコーヒー、ドーナッツ、イートインの場所の設置…など、いつも業界に先駆けて新機軸を打ち出しているのには、頭が下がります。

それから、コンビニは、POSシステムで、「いったい何がどのくらい売れているのか、いないのか」を厳密に管理していますので、

コンビニに並んでいること自体が、すでに「売れている、需要がある」ということなんですよね。

また、コンビニは、さまざまな日用品がオールインワンで品揃えしていますので、いわば「世の中の需要の縮図」にもなっているんです。

そういうわけで、

  • どういう商品が売れているのか
  • 商品をどういうふうに陳列しているのか
  • どのようなマーケティングを僕ら消費者にしかけようとしているのか

などをチェックしていると、勉強になります。

レジ付近に、みたらし団子が置いてあるのは、「ついで買いを促してるんだなー」とか。

まあ今日は、セブンイレブンを例にとって述べましたけども、

街を歩いている時に、いろんな店の栄枯盛衰、そしてその「原因と結果の法則」(縁起の理法)を考えてみる

あるいは、電車のなかにいるときは広告をチェックして、世の中の需要はどうなっているのか?考えてみる。

そういった、「買い物や散歩であっても、経営者視点というものを取り入れてみる」ことも、けっこう面白い訓練になりますので、活かしてみてくださいね。

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です