お金は使えば使うほど入ってくる?の落とし穴

使えば増える

「お金は使えば使うほど入ってくる」という考え方がありますよね。

なかなかこわくて到底実践しきれないです(笑)が、マジメにそれを実践して成果を出している(かのような)ブログを見かけるときがあります。

まあ、「出さないと入ってこない」っていうのは、たしかに経験的に分かるんです。

それこそ、断捨離をしてスッキリすると、近いうちに新しい人脈ができたり…というのはたびたび経験しています。

じゃあお金だってどんどん出しちゃいましょうよ!って理論も分からないでもないです。

実際、稼ぎ始めたばかりのころ、実践してみたことがあります。

で。結果はですね…

不思議なことに事業の売上が落ちました(笑)。原因不明の下落。

不思議というのは、お金を使いまくったのはプライベートなことなのに、事業のほうが落ちたということです。

何の関係があったのか?

これはあとで考えると、「お金というものに対してセンスがユルくなると、事業に対しても(やはりお金を使うことなので)どこかザルになってくるんではないかということでした。

そういうわけで、「野放図に、出せば入ってくる」って単純にはやはり言い切れません。

結論から言うと、

出したお金が投資になっているか、そういうマインドになっているか、の違いだと思います。

たとえば、新しい高価なスーツを新調する。これひとつとっても、

  • 単に欲しいから買った
  • セルフイメージアップを意識して、豊かさマインドを育てようと意図した

といったふうに、同じ行為であっても、動機がまるで違いますよね。

後者は投資という意識になっています

また、投資という意識であれば、「あれもこれも」というふうにはなりにくいんです。

なぜというに、「投資には必ずリターンを意識する」というのがセットになっているからです。

そういうわけで、資産形成についてのどんな理論であったとしても、この「投資とリターン」を常に考えておくこと

これが大事なんだな、と、無駄遣い事件で学びました(笑)。

まあ、こんな感じで、いろいろ転びながら学んできましたよ。

そういうわけで、「失敗についてのガードがカタすぎないようにする」というのも大事だと思いますねー。

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です