レバレッジを効かせて豊かになる3つの方法

レバレッジ

普通のやり方では、1億円を貯めるのは難しい

”金持ち”というと、富裕層ということになりますが、富裕層の定義は「金融資産1億円以上」ということになります。

一億円ってどんな数字なんでしょう?
あまりにでかいようなそうでもないような?

一億円貯めるために、仮に年に100万円貯金するとしましょうか。

年間100万円の貯金ってなかなかのものですよね。

でもね、、

年間100万円の貯金では、1億円貯めるのに100年かかるんですよね。

コレ、計算すれば簡単ですが、けっこうびっくりしません?笑

ということはですよ、、

年に500万円貯金できても、1億円貯めるのに20年かかるっていうことですよね。

仮に年収1千万円であったとしても、税引き後の可処分所得を考えると、年に500万円貯金したら、かつかつの生活になりますね。

しかも、それを20年。。。

これはけっこうキツイですよね。

3つのレバレッジで、最速で豊かになる!

それじゃあ、最速で金持ちになる人ってどうやっているんでしょうね?

それはやはり、レバレッジをかけている、これに尽きるんです。

レバレッジとは「てこの原理」ですね。小さな力で大きなモノを持ち上げるというアレです。

実はこのレバレッジ、当サイトで繰り返し言っている、仕組み化やビジネスオーナー化に関係しています。

自分ひとりのちからでは限界があるので、仕組みを構築して「他人の時間」を使うんですね。

投資(紙の資産)でも、FXは25倍のレバレッジ、信用取引は3倍のレバレッジです(まあその分、リスクもありますけどね・笑)。

そして、意外に忘れがちなレバレッジとして、「他人のお金を使う」というレバレッジがあります。

・・・泥棒しろっていうんじゃないですよ。笑

他人のお金を使うレバレッジとは、じつは銀行の融資を受けるということです。

融資というと、「借金じゃないのー」って言われるかもしれません。

ハイ、それはそのとおりなんですけどね。

でも。

融資以上のリターンを見込めれば、それはレバレッジになりうるんですよ。

その一番良い例が不動産投資です。

「株やりたいので1千万貸してください」って銀行に言っても貸してくれませんよね?笑

でも、、

「ワンルームマンションで賃貸経営をしたいので、物件を担保に1千万貸してください」だと銀行は貸してくれるんですよ。

ここで「投資」と言わないで「賃貸経営」という言葉を使うのがポイントなので、覚えておいてくださいね。

まあ、もちろん借り手の属性や物件価値にもよりますが、今の時期だとどうでしょうね、2割ほどの自己資金があればだいたい大丈夫だと思います。

2割ということは200万円ですね。

200万円の自己資金で1千万円を調達して、家賃収入を得る。つまり、5倍のレバレッジです。

リサーチをきちっとできていれば、これはかなり手堅い投資になります。

金持ちになる人は、不動産投資(賃貸経営)に行く、って覚えておくと良いです。

・・・うそだと思ったら、Amazonで「投資 成功」と検索してみてください。9割くらい不動産投資の本がヒットすると思います。

そのくらい再現性の高い手法なんですねー。

レバレッジについてまとめますと、

  • 他人の時間を使う
  • 仕組みを使う
  • 他人のお金を使う

この3つです。

もちろん、「他人のお金を使う」=融資は、物販でも有効ですので、覚えておいてくださいね。

レバレッジ

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です