投資家の感覚でいけば仕組み化は上手くいく!

ビジネスの進め方は人それぞれだと思うんですが、

僕の場合、新しいビジネスを検討する時、

これって外注化、仕組み化してペイするのかな?

という観点がいつも入ってきます。

もともとそうだった…というわけではないんですよ。

ビジネス書を一冊も読んだことがなかった7年くらい前までは、

「自分が動かないと気がすまない」「人に任せるのは不安…」

というタイプだったんですね。

やはり、『金持ち父さん、貧乏父さん』(ロバート・キヨサキ 著)

金持ち父さん

それから、

同じくロバート・キヨサキの、『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』の影響が大きかったですね。

2-3年前に、Amazon無在庫輸出がブームになったときも、1-2ヶ月自分でやってみたのですが、

「これは、稼ごうと思えば稼げないこともないけど、外注さんと管理人さんを立てたら、ペイしないな…」

と判断して、すぐに撤退しました。

まあ、Amazon無在庫輸出はですね、

日本のAmazon(他、楽天・ネットショップなど)と米国のAmazonの価格差を見つけて転売するだけでして、

ご存知の通り、Amazonってひとつの商品につき、商品ページが1つしかないですからね、

そうすると、「価格競争」でしか差別化ができなくなるので、

「あっという間に、飽和するな…」という読みもあったのですが(そして今はその通りになっています)。

以前、自分が物販のコンサルを受けていたときに、こういう話をしていたら、

コンサルタントさんから、

高田さんみたいな投資家っぽいやり方もアリだと思います

と言われたことがあるのを、さっき思い出したんですよ。

まあ、投資にしても時間と労力をかけて、稼ぎを増やすやり方もありますが、

やり方や資金力によっては、「任せっぱなし」というのはビジネスに比べれば比較的やりやすいですからね。

さきの『金持ち父さん〜』の影響も、もちろんありますが、

結局、こういう働き方が自分に合っていたんだな、と思います。

そう言っているわりには、「仕組化」が稼働し始めた2年ほど前から、文字通り、ほとんど労働していなくて、ですね。

あまりにやることがなくて、鬱になってしまったんですよ。

これは、僕と同じような(あるいはもっと大規模な)経験をしているひとが、一様に語っていますけど、

人間、暇過ぎると本当に落ち着かないというか、

最初の数日、あるいは数カ月は開放感でいっぱいなのですが、だんだん、そわそわしてくるんですね。

そういうわけで、よく「会社を7つ経営している」とか言う人は、どうやってそうなるかというと、

ビジネスを立ち上げては仕組み化して時短して、さらにまた別のビジネスを始めて、仕組み化して時短する……、

というフローを繰り返していると思うんです。

だって、1日は誰にでも24時間しかありませんからね。

一人で7社も経営するとしたら、おそらくそういう流れになっているはずなんです。

そういうわけで、

「どうあっても仕組み化がむずかしいだろう!」

という情報発信を今やって、自分を働かせるようにしているわけです。笑

まあでも、

教えるのもけっこう好きなので、ブログやメルマガを書いたり、セミナーやコンサルティングをやるのは、(忙しすぎなければ、ですが)好きな働き方です。

話は逸れましたが、「投資家」感覚ですね、

「わたしは絶対に暇で鬱になる気はしない!」とか「一度くらい、暇で鬱になってみたい」という方は、参考にしてみてください(笑)。

 

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です