心の安定にも役立つ投資法とは?

株投資

株価を当て続けることできますか?

今日は、なぜ僕の株取引法が時間をかけないでできるのか?さわりだけでもお話してみますね。

株の取引って、こう、デュアルディスプレイにして、一日中、チャートを眺めて分析するとか、そんなイメージがありませんか?

どうしてこうなるかというと、結局、「今後の株価が上がるのか、下がるのか分析しているから」ということになりますよね。

でもね、

明日の株価であっても当て続けるのって可能なんでしょうか?いくら、細かく分析したとしても。

Yahoo!ファイナンスに「投資の達人」というコーナーがありますが、そのページをちょっと見てください。

達人たちの成績が載っていまして、一例を貼り付けますね(かわいそうなので、お名前は伏せておきます)。

2016-11-22_21-33-25

 

 

 

達人なのに、4勝7敗って・・・^^;

株なんて、「上がるか下がるか」しかないんですから、これなら、コイン投げて株買ったほうがマシじゃないですか。笑

こんな感じで、株を勉強して「達人」と言われている人でも、当たんないんですよ、将来の株価なんて。

それなら、そもそも、「将来を予想するなんてやめてしまおう」というのが、僕の手法なんです。

株価が上がろうが下がろうが、市場環境がどうなろうが、それに左右されないこと。

もっと言えば、「自分がコントロールできるところだけに専念する」という手法なんです。だから、時間がかからないんですね。

ストア哲学を応用した株式投資

この考え方って、実生活の感情のコントロールにも役に立つんですよ。

僕らがイライラすることって、多くの場合、他人の言動にせよ、会社の方針にせよ、国の政策にせよ、自分のコントロール外のことですよね?

そこで、「自分の価値は自分が何を考えているか、でのみ決まる。それゆえに、自分がコントロールできること、自分の心だけに集中していく」という思想があります

これをストア哲学というのですけどね(『7つの習慣』でも似たような考え方が紹介されています)。

興味がおありであれば、スピリチュアルの記事のほうになりますが、読んでみてくださいね。

僕がやっている株取引法は、まさにこのストア哲学的な手法なんです。自分がコントロールできるところだけに専念していくということで。

そういうわけで、この手法をやっていると、ストア哲学が腑に落ちてくる、という隠れたメリットがあるんです。

ゆえに、心の安定にも役に立ってきます。

これはほんとに、僕自身が実感していることで、この株取引法を始めてから、外部=自分のコントロールの及ばないところ(他人の意見・感情・言動)に気持ちが振り回されることがほとんどなくなりました。

そんなわけで、機会をみつけて参加した方がいいと思いますよ、と言っておきます。笑

実際、ほんとに利益も出ますんでねー。

株投資

プレゼント企画
【Eブック✕動画セミナー5本】

”リビング社長”高田が、半自動的に月収100万円を稼ぎ続けている秘密をEブックと動画で解説しております。

・起業リスクを最低限に抑える方法
・リサーチを不要にしてしまう仕入れ術
・1日10分で月収100万円を稼ぐ仕組み構築術
・物販でビジネスオーナー(仕組みに働いてもらう)になる方法

完全無料ですので、この機会に手に入れてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です